子供の本棚

リビングに息子が読み散らかした本が点々と・・・

「読んだら自分の部屋に持って行ってくれる〜?!」と母。

「あ!そういえば何だか散らかってたけど?」と、声を大にして言った母。


まぁいつもなら片づけている最中にまた他の本を読み出して時間がたつ、
ってのがよくあるパターンですね。
(写真の整理をしだして、アルバムを片っ端から見ちゃうっていう、あんな感じ?(笑)

しばらくして気づきました、ワタシ!
このオーガナイズのタイミングを逃してどーする!!
「ちょい待って!!」と、カメラを片手に2階に駆け上がる。
息子は意外にも母の予想を裏切り、整理をしている最中でした^^;

c0247415_14493211.jpg

片づけ前のオハズカシイ写真は、良かったのか悪かったのか間に合わず。

これは片づけ途中だった状態をまた棚から全部出したところ。
(「途中までやったのに!」とぶーぶー言われましたが)

息子ももう6年生。
しっかり自分で色々判断できるお年頃。
オーガナイズの手順にそって、息子主導で進めます。
すべて決めて行くのは本人です。

たまっていく本や昔の付録とか、オモチャとか、
「もうこれいらないんじゃない?使ってないしさ〜」と母が言えば、
「いるんだってば。いるのいるの」と手放さなかったのに、
いざオーガナイズを進めていくと、
「わ!こんなにいらないものあったんだね?!」なんて言葉も。
自分で判断しているので納得顔です。しかもとても気持ち良さそう^^
ちなみにいっておきますが、決してキレイ好きとは言えない息子ですが、
やる時は細かくバシッときれいにするタイプ。
で、また散らかってきたら〜の繰り返しをしてきました。
今思うと、インプットとアウトプットのタイプが違うから(ワタシと同じ左右)
頭で考えていることと、実際にすることと出来ることのギャップに
苦労していたのでしょうね、きっと。

彼の効き脳タイプにも配慮して完成したのがコチラ。
c0247415_1524033.jpg

時間はそんなにかかりませんでした。
まぁ普通にキレイに並んでみえる感じですが、
「息子にとって使いやすいか」がポイントなのです。

まだ他にもオモチャの棚や勉強机の棚などいくつかあるので、
またそっちもタイミングを見てやりましょうか。
無理に「さぁ、やるよ!」とこちらが言っても、
なかなかうまく進まないのは経験済みなのでねぇ。

さて、これからどう維持されていくでしょうか^^
乞うご期待!

[PR]
by plusstyle-LO-nao | 2012-07-08 15:11 | 子供部屋