タグ:自宅オーガナイズ/空間・収納 ( 24 ) タグの人気記事

リビングに息子が読み散らかした本が点々と・・・

「読んだら自分の部屋に持って行ってくれる〜?!」と母。

「あ!そういえば何だか散らかってたけど?」と、声を大にして言った母。


まぁいつもなら片づけている最中にまた他の本を読み出して時間がたつ、
ってのがよくあるパターンですね。
(写真の整理をしだして、アルバムを片っ端から見ちゃうっていう、あんな感じ?(笑)

しばらくして気づきました、ワタシ!
このオーガナイズのタイミングを逃してどーする!!
「ちょい待って!!」と、カメラを片手に2階に駆け上がる。
息子は意外にも母の予想を裏切り、整理をしている最中でした^^;

c0247415_14493211.jpg

片づけ前のオハズカシイ写真は、良かったのか悪かったのか間に合わず。

これは片づけ途中だった状態をまた棚から全部出したところ。
(「途中までやったのに!」とぶーぶー言われましたが)

息子ももう6年生。
しっかり自分で色々判断できるお年頃。
オーガナイズの手順にそって、息子主導で進めます。
すべて決めて行くのは本人です。

たまっていく本や昔の付録とか、オモチャとか、
「もうこれいらないんじゃない?使ってないしさ〜」と母が言えば、
「いるんだってば。いるのいるの」と手放さなかったのに、
いざオーガナイズを進めていくと、
「わ!こんなにいらないものあったんだね?!」なんて言葉も。
自分で判断しているので納得顔です。しかもとても気持ち良さそう^^
ちなみにいっておきますが、決してキレイ好きとは言えない息子ですが、
やる時は細かくバシッときれいにするタイプ。
で、また散らかってきたら〜の繰り返しをしてきました。
今思うと、インプットとアウトプットのタイプが違うから(ワタシと同じ左右)
頭で考えていることと、実際にすることと出来ることのギャップに
苦労していたのでしょうね、きっと。

彼の効き脳タイプにも配慮して完成したのがコチラ。
c0247415_1524033.jpg

時間はそんなにかかりませんでした。
まぁ普通にキレイに並んでみえる感じですが、
「息子にとって使いやすいか」がポイントなのです。

まだ他にもオモチャの棚や勉強机の棚などいくつかあるので、
またそっちもタイミングを見てやりましょうか。
無理に「さぁ、やるよ!」とこちらが言っても、
なかなかうまく進まないのは経験済みなのでねぇ。

さて、これからどう維持されていくでしょうか^^
乞うご期待!

[PR]
by plusstyle-LO-nao | 2012-07-08 15:11 | 子供部屋
食器、基本的にとても好きです。
でも端からは買えないし、
食器棚のスペースも限られているし、
主婦として欲望のまま買うことなんて無理!

日常使うものとして、やはり合わせやすくて
使いやすいものを頻繁に手に取るようになります。
たくさんある食器から料理に合わせて選ぶ楽しみも
もちろんありますが、今の私にはある程度の枚数で
足りてしまうみたいです。

引っ越しをした時に結構減らしてきた食器たちも
やはり暮らしていくうちに増えたり、趣味も変わったり、
欠けたり、いろいろ変化があります。
なので、「あれ、何か使いにくいな。」とか
「気づいたら使ってないのがたくさんある感じ」とか
そんな風に思った時に見直します。

c0247415_2072799.jpg


我が家の食器棚は小さい方だと思います。
少しでも有効になるかなと思って、最近はお皿は立てる収納方法でした。
今回手放した食器もあり、立てる方法から平置きに変えました。
しかもかなり空間に余裕を持たせて、出し入れのストレスも減らします。
コップは子供たちもとりやすい位置に。
(おかーさん、とってー。とか言われないように^^)
ぱっと見て家族も片付けやすいように。
(分かりやすいと、あとで「ここじゃないのにぃ・・」と
もやっとすることもないからね^^)

こういうストレスがないだけでも気持ちよく使えると思います。
普段何度も使うところこそ、ストレスなくいきたいですよね。

ライフオーガナイズは、
空間も思考も時間も「片付ける」ことが目的ではありません。

使いやすいキッチンで、どんな料理やお菓子を作ろうかな?
子供たちと一緒に何作ってみようか?
友達とワイワイ作るのも楽しいよね〜、ちょっと飲みながらもいいね^^

なんて感じで、
片づけの「その先」のことをイメージするのがポイントです。



*今日は530(ゴミゼロ)、「オーガナイズの日」なのでした!
[PR]
by plusstyle-LO-nao | 2012-05-30 20:52 | キッチン
去年、ワタシの実家がちょっとリフォームすることになりました。
親世代も年を重ね、使いづらいところが出てくるようになったため。
場所はキッチン、リビング、バスルームです。
たしか、「キッチンのシンクを新しくしたいのよ」ってところから
始まって、こんな大掛かりなことになった気がする(笑)

家を建てた当時はバリアフリーなんて恐らく考えてなかったでしょう。
ちょっとした段差とかあるある!使いにくいところもあるある!
ライフスタイルが変化すれば当然ですよね。

いろいろ考えているうちに母もいろんな希望や夢が湧き出てきて、
考えすぎて何が自分にとって家族に取って優先すべきことなのか
分からなくなってきた様子が見えました。
ちょうどその時期にオーガナイズの勉強をしていたこと、
今思えば引き寄せたんでしょうか(笑)
私がいろいろ言うこと(というか、本人たちに考えてほしかったこと)が
時には面倒くさくなったりもしていたようですが、
ちゃんとコレからのことにも向き合ってくれました。

思考のオーガナイズが出来てしまえば、あとは形にしていくだけ。
設計には素人のうるさい娘(しかも嫁に出ていて、いつもいない)の
いうことに、設計士さんは良く付き合ってくれたものだと思います(笑)
でも絶対「おまかせで」なんてできませんよ。
だって家族や自分を一番分かっているのは、他の誰でもないんですもん。

「もったいない」といって、納戸にたくさんモノが詰め込まれていたし、
リビングやキッチンにも「あるけど使っていない」ものもたくさん。
そこを整理するのは両親にとって大変だっただろうなぁ。
小さい頃から家の中が散らかっていた記憶もないし、
きちんとされていた方だと思います。
そんな母でも、結構な量のものを手放しました^^;

大事なものを選び取る。

そうしたことで、自分たちで管理できるモノが適正な量で残りました。
(今回リフォームした箇所においてだけですが)
結果、とても暮らしやすいようで、娘としては嬉しい限りなのでした。

ただちょっと悲しいのが、
年を取った愛犬が「ここ誰のうち??」って感じで
なかなか馴染んでくれないこと・・・(´_`。)グスン


[PR]
家を建てて引っ越しをしたのは8年前。
その頃の私なりに余計なものは手放してきたはず。
でもやはり、子供たちが大きくなるとともに、
生活するとともにモノは増えていきました。
うちを知っている人は分かると思いますが、
我が家には大きめの外物置があります。
「まずは今あるもので」なんとか工夫して
持っていた棚や板や収納用品を駆使して使っていたワケです。
でも・・・
散らかっちゃうのはなんで?
出しづらい!戻しづらい!
だからとりあえず・・・で置いといちゃって、また散らかる!

とはいえ、新しいものを買うのは悔しいので、
何とかやってきていたんですが、もうヤダ!(笑)
そこを使うたび、戸を開けるたびに感じていたストレスから
解放されたい(遅い〜^^;)

c0247415_16423341.jpg

(分かりにくい写真ですが、こっちの物置はオット担当でDIY。
私担当はもう1つの物置)

オーガナイズの手法を使って、実際の作業は3時間ほど。
(スペースがあればいいってものではありません。
あればあるだけ詰め込んじゃうってのがよくあるパターンですから^^;)
「今あるもので」使ってみたからこそ、どうしたらいいか
よく分かったと思うのです。

今は見事にストレスなく使うことが出来ていて、気持ちがいい。
そして使いやすく分かりやすいので、家族が使っても元に戻しやすい。

維持できるようになること。習慣になること。

これが出来るようになると、本当にラクチン。
使いづらいなぁ、散らかっちゃうなぁ。
と、そんなことを感じたらチャンスですよ^^

毎日使うところこそ、小さいことでも楽になると
本当に気持ちがいいものです。


[PR]